耳鳴りや難聴の症状の見極めと改善法|早速解決原因サーチ

耳鳴りが気になる

先生

耳鳴りの症状が続いている場合は、何かしらの耳の病気があるかもしれません。放置すると聴力が低下する恐れがあるので、早めに原因を探って対策を立てていくことが重要になってきます。

詳細を確認する...

原因はなに

突発性難聴の症状等について

耳

突発性難聴とは、突然に起きる難聴の事を言います。内耳にある蝸牛という部分が、何等かの原因による障害を受けた時に起こります。また、その障害が前庭半規管にまで及ぶと、難聴に加えて眩暈等が出てきます。 突発性難聴の一番の特徴は、難聴が突然起こる事にあります。基本的には片耳だけに起こる事が多いのですが、稀に両耳に起きる事もあります。また、難聴の前や難聴と同時に、眩暈や耳鳴りが起きやすいです。眩暈にいたっては吐き気を伴う事も多く、ひどいと嘔吐をしてしまう場合もあります。 突発性難聴は現在のところ原因が明確になっていないです。何等かのウイルスの感染、循環障害等の説が考えられていますが、どれも決め手に欠けます。

具体的な治療方法について

突発性難聴の治療に際しては、まず最初に障害が起きている原因を特定する必要があります。そのため、いくつかの検査を受ける事になります。代表的な検査としては、X線検査や純音聴力検査があります。それ以外にも必要に応じて、平衡機能検査や精密な聴力検査等が行なわれます。 原因が特定出来たら治療を開始します。細かな治療内容は原因によって異なりますが、基本的には薬物療法が用いられる事が多いです。使う薬は循環改善薬やビタミン薬、副腎皮質ステロイド薬等になります。 突発性難聴は、治療開始が早ければ早いほど、聴力回復の可能性が高くなります。遅くても発症してから2週間以内に治療を開始する必要があります。もしも発症から1ヶ月以上放置してしまうと、その後に治療を開始しても聴力回復の可能性は著しく低下してしまいます。

症状の緩和方法

サプリ

耳鳴りと難聴は様々な原因から起きることで、そのつらい症状に効く薬がまだないことから、自分でできる症状の緩和方法をどれだけ知るかが問題と付き合っていくためには欠かせません。サプリメントを含めて、多様な手段があります。

詳細を確認する...

体の不調を改善しよう

先生

耳鳴りや難聴は症状が異なったものになりますので治療の方法も異なります。耳鼻科が治療をしていますが、耳鼻科によっても治療の方法が違います。ですので、事前にそのような情報を調べておくようにするとよいでしょう。

詳細を確認する...